カープ三番問題とカープの打順編成の傾向

開幕戦の三番は誰だ!

これまでもカープ三番問題はちょこちょこコメントしていたが、2019年カープ三番問題について記事にしたいと思います。

まずは2018年シーズン丸選手以外で三番を打った選手は松山とバティスタの2人だけです。(丸選手不在の21試合)

しかし、2人ともタイプ的には三番タイプでは無いように思いますし、実際今年のオープン戦でこの2人は三番には入っていません。

オープン戦では西川・坂倉・田中を三番で起用しています。そして一昨日のオープン戦では安部が三番で起用されました。

この4人の共通点は、、、、、左打者という点です。

なぜ左打者ばかり三番に起用されるのか?

右打者に候補が少ないという事情もありますが、カープベンチはジグザグ打線に拘りがあると思います。

田中広輔が一番に定着した2016年以降、一番田中・二番・菊池・三番丸は固定されており、四番にも新井さん・誠也と右打者が入ることが多くこの形を崩したくないのではないかと思います。

私は二番が鍵を握ると思っています。恐らくカープの二番打者は制約が多いと思います。DeNAのソト・宮崎の二番起用やヤクルトの青木の二番起用のように打てる打者を二番に置くというよりは、小技の上手いいわゆる二番らしい打者が結果として、高打率を残すことはあっても、高打率だから二番という起用はしないと思うんですよね。

だから昨年の菊池のようにリーグワーストの打率の選手がほぼ二番に固定される事になるんじゃないかなと。(優勝したので批判はあまりされませんが)

恐らく首脳陣は今年も二番は菊池で固定します。そして四番は故障がない限り誠也でしょう。つまり二番と四番は右打者です。

となると一番と三番は左打者を置きたいので三番候補は左打者になっていると予想します。

ズバリ三番の適任は?

あくまで私の予想(というより願望)ですが今のカープで三番の適任は、、、

菊池涼介です!

前半部分の話を全部ひっくり返す予想ですが、私個人としてはジグザグであるに越したことはないですが、それよりも三番打者探しが優先と思いますので。

ここ二年は打率が上がらず少し物足りない打撃成績の菊池ですが、本来力はある選手ですし、上でも書いた2番の制約から解放されれば打撃成績の向上が見込めると思います。また来年のメジャー挑戦の意思もあり気合いが入っていること・性格的にもチャンスメーカーよりはポイントゲッターかなと思うので!

実現する可能性は低いかもしれませんが私はカープ三番の適任は菊池だと思います。

まとめ

現実的には開幕戦の三番は西川かなと思います。坂倉は期待の大きい選手ですが、まだまだ三番は荷が重いと思いますし、田中広輔も面白いですがまずは一番でしょう。

安部はここから調子を相当あげてこないと、、と考るとまずは三番西川かな。

菊池三番みなさんどう思いますか?(笑)

 

ではまた。