オープン戦 3-4 カープ勝利 安部三番テスト!

ヤクルト3-4カープ

野村(5回)ー島内(1回)ーヘルウェグ(1回)ーレグナルト(1回)ー中田(1回)

本塁打 青木(ヤ)安部(広)三塁打 二塁打 松本(ヤ)菊池(広) 松山(広) 田中(広)

両チーム初回に点を取り合って始まった試合でしたがその後、試合が落ち着き3-4でカープが勝利しました。

良かった点

  1. 安部復調気配
  2. 中継ぎ無失点リレー
  3. 石原さん素晴らしい盗塁阻止

悪かった点・課題のでた点

  1. 今年も不安な野村の立ち上がり
  2. 長野さん調整遅れ
  3. 控え組結果出せず

良かった点について

三番安部!?

散々このブログでも心配している安部が今日は三番に入り本塁打を放ちました。プロのコーチってすごいですね。正直安部三番テストのニュースを見たときは「うそだろ?」と思いました。いやほんとプロの眼力はすごいわ。

今日でた一本の本塁打で三番確定とか復調だとか言う気はありませんが、本塁打以外の打席でも良い当たり・タイミングの取れた打席がありましたし、復調気配なのは間違いないでしょう。

中継ぎ無失点リレー

野村が初回に二本の本塁打で三失点して以降、九回まで無失点で試合を締めました。

中継ぎの島内・ヘルウェグ・レグナルトは得点圏までランナーを進められましたがしっかり抑えました。

特にレグナルトはいきなり二塁打を浴びての投球になりましたが、二つの三振を奪いきっちり抑えました。ローレンスとの兼ね合いになるかと思いますが、開幕一軍に近づいていますね。

中田も今年は一軍で投げれる状態ですね!

さすがベテラン石原さんの盗塁阻止

今日は守備でビッグプレーと呼んで良いプレーがありました。三回ノーアウト一・二塁のピンチでヤクルトはダブルスチールを仕掛けます。野村投手ほぼモーションを盗まれており、三塁は悠々セーフでしたが捕球した石原選手は間髪入れずに二塁へ送球し、青木選手を刺しました。

このプレー本当にすごいプレーです!あのケースであのタイミングで二塁に瞬時に送球する判断力。すごい。本当にすごい。あのプレーが野村を救いました。

悪かった点・不安な点について

野村は三回くらいまではちょっと良くなかったです。立ち上がりは野村の永遠の課題ですねー

2016年はプルペンでの球数を増やすことで対応したというようなコメントを見た記憶があるのですが、現在はどうなのでしょうかね?

長野選手は調整が遅れているのか?

長野さんの調整が遅れているように感じます。先日の死球の影響もあると思いますがそれを差し引いても少し遅れているような、、、

ただ正直これまでオープン戦の長野選手の打席はほとんど見た事が無いので、長野選手のペースがどんなもんかというのがわからないのでなんとも言えません。

ただ長野選手は去年・一昨年と3・4月は不振なのでもともとスロースターターだと思うのでトータルで見るべきかな。

控え組はの打者は結果を残せず

オープン戦も終盤に差し掛かり徐々に控え選手の出番も減ってくる中で今日はアピールできた選手がいませんでした。堂林・小窪・高橋辺りは一打席一打席が勝負の打席です。堂林はここ何年ずっと同じです。

キャンプ前にフォーム改造→キャンプ序盤好調→オープン戦沈黙。

今年は志願して三塁手に復帰し、期待も大きいですがこのままでは今年も、内外野のユーティリティプレーヤーになってしまいます。頑張れ堂林!

今日は久々にゆっくり試合を見れたので長々長文を失礼しました。

 

ではまた。