カープ連敗ストップ 誠也逆転3ランも継投には疑問

中日2-3カープ

誠也次第のシーズン

初回野村の課題である立ち上がりを責められ、先制点を奪われましたがその後は見事な投球でしたね。打線はヒットはでるもののとにかく2死からしかヒットがでない。

1~7回までひたすらに2死からのヒットのみでした。

ここまでかたよった試合は初めてみましたね。

7回まで0行進ようやく誠也がやりました、逆転3ラン!今年は誠也次第のシーズンになるかもしれませんねぇ。。松山の状態はこのままだと誠也さえ凌げばという打線になってしまいますから、松山の復調は必須です。

誠也の後の打者は長打が求められます。単打をちょこちょこ打つ程度では誠也がどんどん避けられます。そうすると5番は松山かバティが適任ですかね。ただバティはちょっと脆すぎるのが不安。

フランスア起用はないだろ

2点リードで8回を迎えた時点で野村の球数は77球。完投すら狙える球数でしたがベンチの選択は交代でした。ここまではわかる。確かにこういう展開で野村に託して何度も打たれてきた。(とはいえもう1イニングいってほしかった)

ただ、ただフランスア?フランスアはないだろう佐々岡さん。

昨日回跨ぎから失点し投げた球数33球。短期決戦の起用を開幕5戦目からやってどうすんのよ。

フランスアは今のカープ投手陣では最高峰の投手です。それをこの時期にこんな使う方考えられない。

そんなに目先の1勝が欲しいなら昨日島内のところでレグナルトだよ。昨日の継投には余裕を感じたカープファンはたくさんいるでしょう。それがこの時期の1敗でここまで変わるならちょっと長いシーズン不安ですね。

なんにせよ今日フランスアを投げさせたことをしっかり反省すべき。

 

中崎は相変わらずかなりふらつきながらも勝ち切りました。不安がないわけではないですがこの時期の中崎はもうしょうがないと割り切ってある程度の失点は覚悟しつつ見守るしかない。ただ今日は本当にラッキーでしたね、その前のワイルドピッチで本来同点のところ審判の足に救われ、あの当たりでゲッツーですから。

 

勝つにはかったがすっきりしない試合だった中での光明は、当たりがでていなかった

菊池・西川・安部の複数安打でしょう!菊池はもちろんですが西川・安部が打ち出すと打順のバリエーションも増えますから。

ただやはりこのブログで再三申していますが、菊池ですよ今年は。

昨日の初ヒットは良かったのでしょう、今日は一気に3安打。

やはりこの人こそ丸に代わるカープの3番だとしつこく言わせてもらいます。

まぁ実際緒方は動かさないだろうから打てる2番で頑張って欲しいね。

 

明日は岡田。ある程度の失点は覚悟してどんどん点を取りたいところ。

岡田はとにかく腕をふれ!