カープミスから逆転負け 長野移籍初ホームラン

初回野間のホームランで先制後、すぐに逆転されますが3回に菊池が今シーズン初安打となる逆転2ランを放ちました。やっと出ましたね菊池に。ここからどういうバッティングをみせるかに注目です。

試合は同点で迎えた6回に長野の移籍初ホームランで勝ち越しましたがその裏すぐに

ルーキー島内の乱調から同点に追いつかれ、8回にフランスアの乱調で3点取られ敗れました。

島内への期待

長野の移籍初ホームランが最高の場面で出た試合。絶対勝ちたいこの試合の7回に投入されたのはルーキー島内でした。

解説の権藤さんは「ここで出る投手じゃない」という話でしたがオープン戦の投球さえできるならここで投げる投手です。

しかしオープン戦とは別人の島内です。これが公式戦で投げるということなのでしょう。ここを乗り越えないと埋もれてしまいます。過去オープン戦で活躍し、いざシーズンに入ると別人になってしまったままプロ野球界を去った選手を何人もみてきました。

 

なんとか頑張ってほしかったが、あくまで勝ちにこだわったカープベンチでしたね。さすがに交代でした。ちょっとこの後の島内が心配ですね。もう一度、早めに投げさせたいですね。

 

変わったフランスアが京田に打たれましたが、これは責められないかなぁ。どれくらい準備ができていたのかわからないしなんとも言えんな。

野間の課題

好調で3番起用されている野間ですが大きな課題を露呈したのが8回一死三塁での打撃ですね。まっすぐ一点張りで2球仕留め損ねました。そのあとのとんでもないボールのスライダーで三振。野間のイメージはなんだったのでしょうか?

綺麗なライト前なら大きな間違いだと私は思います。三塁走者は足のある田中ですし、三振しないことが一番重要でした。その中であの打席内容は残念でした。

石原の起用

もうこれは本当に考えた方が良い。いくらジョンソンの希望・相性があるとはいえ考えなくてはならない時期だ。

まず守備を評価されてだろうが、昨年位から明らかにおかしい。定評のあったキャッチングもいまや並だ。

特にジョンソンのシーズン開幕の今日は會澤で行くべきだったと思う。最初の試合で石原と組むともう後から変えづらい。かつての絶対的なジョンソンでは無いだけに、ジョンソンにも多少の我慢を強いてでも會澤を起用すべき。

打線としても丸抜きの打線で石原も入るとちょっと苦しい。確かに會澤が出ずっぱりなのは苦しいが會澤を休ませるのはジョンソンの試合ではない。

首脳陣は早めの決断をすべきだ。

 

選手起用で一言いわせてもらえれば、小窪ではなく堂林を起用すべきだ。多少エラーしようと安部以外なら堂林を使おう。7番小窪・8番石原ではきつい。

今日もミスで負けた。まぁ長いシーズンこんな時もある。ただ島内が心配だ。

首脳陣が去年までの王者の野球から脱却しないと4連覇なんて夢のまた夢。

 

ではまた。