カープ試合結果 ミス続き自滅

カープ3-6読売

 

打順変更して臨んだ試合ですたが、打線がいまひとつ繋がらず連敗となりました。

3番野間は当たりましたが5番バティスタはいまいち。6番坂倉はちょっと打てそうにない感じでしたね。

野間の調子が良い間は3番野間かなぁ、足も速いし左打者でジグザグ打線が組めるのではまれば最高の3番ですね。

6番に起用された坂倉は完全にブレーキとなりましたね。カープファンからの期待も大きい選手ですが、オープン戦から結果が出ていないので苦しい立場になりました。

九里の内容は

先発の九里は5回 被安打7 四球1 奪三振4 失点3の内容でした。

毎回ランナーを背負い苦しい投球の中でなんとか粘って試合を作りました。しかし5回の先頭畠に対してツーナッシングからの四球は最悪でした。

結果的に丸のタイムリーにつながりましたし、なにより追いこんでから投手を相手にも仕留められない決め球の無さはちょっと問題です。

試合自体は作りましたから次の登板ではしっかり修正してもらいたいです。

 

緒方の采配

開幕戦でも書きましたが緒方の采配がちょっと不安です。

7回先頭の長野が移籍初安打で球場大盛り上がりの中、ここまで2安打の田中に送りバント。この采配は2015年によくやっていましたね。終盤のビハインドの場面で田中に送らせて菊池で勝負ですか。なかなか理解に苦しむ作戦ですし田中は送りバントはかなり下手な部類ですから。選手の適性を見極め落ち着いた采配を望みたい。

もうひとつ8回無死1・3塁での松山代打起用。これ自体はなんら問題無いですが、相手投手が左の中川に代わるや代打の代打の小窪。

どうしたんだ緒方。そもそもあそこで桜井続投なんてないでしょ。松山という切り札のカードを自ら捨てた残念な采配でした。

 

9回、試合を決められる3失点はエラー絡みの失点でした。

安部も會澤もちょっと残念なプレーでした。安部はこの場場面に限らずちょっと送球を焦りすぎのように感じます。必死にやっているのは伝わってきていますので、もう少し余裕がでてくると良いかなぁと。

 

開幕戦を制しながらカード負け越しとなった読売戦。

次は昨年負け越したナゴヤドームでの中日せんです。今日のような試合をしていては簡単に負けますよ。投手は球場の広さを利用して大胆に攻めまくろう。打者はとにかく強いスイングを。ベンチは冷静に相手をみながら戦いたいですね。

大丈夫。まだ始まったばかり。でもここでズルズル行かないように最低勝ち越し・できれば3タテ!頼むぞジョンソン!

 

ではまた。