色々言いたいことはあるけど、とりあえず野間を落とせ

継投の難しさ

継投の難しさというのは監督業が語られる上で最も語られるものの一つでしょう。両先発が好投し横浜1点リードで先に動いたラミレス監督。これまでの井納の投球内容を私は詳しく見てきたわけじゃないのでこの継投は横浜ファンに聞いてみないとわかりませんね。しかし今日の1試合を見ただけの感想で言えば「早めの継投」でした。そして出てきた投手が藤岡というチョイスもカープファンの私からすると少し驚きました。

 

対してカープも床田に代打を出した為、7回に島内を投入。これも少し驚きの継投でしたが結果的にこれもちょっと裏目になりました。島内はここまで勝ち継投での登板の経験も無かったですし、ました一岡・中村・レグナルトと残しての島内でしたから。

しかしここは無死1・2塁からリリーフした恭平がきっちり抑えてくれたので助かりました。

 

ベンチの考えとしてはどうだったんでしょう?左の3枚を使い切るのが嫌なのか?くらいしか考えられないでしょうね。その後恭平に続いてレグナルトも登板しましたから。

これはなかなか難しい判断です。一岡が万全なら一岡なんでしょうが調子が悪いですし・・・

継投は難しいですね。紙一重でした。今日は恭平に感謝しましょう。

 

バントは誰でもできるものではない

9回無死1・2塁の打者高橋の場面。バントのシーンとしては最も難しい部類の場面でした。球速のある国吉が相手でしたしピンチバンターの選択肢はなかったでしょうか?

あの場面は1塁手はかなりチャージしてきますから三塁側へのバントが一番成功率が高いです。しかし右打者が国吉の速球を三塁側にバントするのは容易ではありません。

これが左打者だとうんと楽になります。ベンチには野間に曽根と適任の選手が控えていただけに考えてもらいたかったです。

 

結果的に高橋の必死の粘りで安打を放ち満塁としましたがこれは完全に結果オーライ。

やはりやるべきことをベンチもしっかりやらなくてはなりません。

 

 

これはカープベンチに限った話ではないのですが、12球団の監督の中にはバントは決めて当たり前と決め込み、明らかに無理そうな打者にもバントを指示するケースがあります。

阪神の監督時代の金本監督も中谷選手にバントのサインを追い込まれても出し続けていましたが、素人目に見ても中谷選手のバントはちょっと厳しそうでした。

 

やはりプロ野球界にはバントは決めて当たり前というような風潮があるのではないでしょうか?確かにバントをする為だけにベンチの選手を1人使うのはもったいない気もします。しかし今日のような技術的に難しいものを求められる場面ではピンチバンターを使うべきです。今日の教訓から学んでもらいたいですね!

 

弱い

あれだけのボールを持ちながらセーブ失敗を繰り返すフランスアも残念ではあるが、まぁ9回に追加点を取れなかったのが全てだろう。

弱い。これに尽きる。とにかく1点を取りに行くとか、1点を守り抜くという場面で今のカープは選手もベンチも弱い。

野間は最低だね

これも緒方監督の入団以来の優遇による慢心なのか、もともと野間という選手の性格なのか知りませんが、走ることすらしないなら二軍でしょう。

これで落とさなかったら示しがつかんでしょ。フェアフライで走らないやつなんてカープのベンチにいてはいけません。

絶対に明日落としてもらいたい。