拙攻拙攻とにかく拙攻

拙攻拙攻とにかく拙攻

試合中盤から再三チャンスがありながら1点どまりだった打線こそ今日の戦犯と言えるでしょう。1死1・3塁、無死1・3塁、1死1・2塁全て潰してしまった。

磯村のタイムリーで追いついた直後の磯村の盗塁死はなんの作戦だったのでしょうか?

不可解な作戦

打者アドゥワの1ボール2ストライクからの1塁ランナースタートしてのバスター?

しかしアドゥワは見逃しましたからバスターエンドランではないのでしょう。とすると磯村の単独スチール?なかなかに厳しい作戦でしょうそれは。カウント的にも余裕がありますからボール球の可能性もそこそこ高い場面ですしねぇ・・

これが平行カウントならまだわかるんですが・・謎多き作戦でした。できれば談話などで作戦の詳細を知りたいけど多分無理でしょう。

その後のチャンスも三振にゲッツーと目も当てられないような拙攻でした。

チームの状態が悪い時はこんなもんなんでしょうがもったいない試合でしたね。

長野と會澤は逆でしょう?

10回のチャンスは長野と會澤の代打の順番が逆が良かったように思います。あの状況で會澤出してもそりゃ歩かすでしょ。

長野に関してはああいうチャンスで使うことがもうちょっと理解できない。ランナー無しから出てきたほうがよっぽど仕事してくれるでしょう。まぁ長野さんに関してはここまで打席に立たないシーズンが今までなかったから、ここらで少し考えても良いと思いますがね、2軍で打席に立ってもらって調整するのもアリだと思いますが。

 

最後のサヨナラは二死からロペスを申告敬遠しての筒香勝負でしたが結果的に筒香も歩かしてしまったのが痛かったですね。個人的にはあれだけ右打者のインコースを取ってくれる主審だっただけにタダでロペスを歩かせることもなかったかなぁ・・と思いますし、筒香との勝負はもっとストレートでいって欲しかった。筒香は150キロ以上のストレートが苦手なのはデータで出ていることですからね。残念だ。

もはや3タテされる気しかしないけど明日は勝ってくれ。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村