エースと好投手を彷徨う大瀬頼

大瀬頼大炎上

リーグ戦再開に期待を込めて送り出した大瀬頼は残念な投球となってしまいました。

結果以上に内容がひどいものでしたね。エース対決の初回にツーアウトから被弾・味方の守備に助けられながら点を取ってもらっては失点と、いつもとは別人の大瀬頼でした。

好投手大瀬頼であればこんな日もある、で済む話なんですが、大瀬頼はいまや多くのカープファンからエースと言われる立場。

 

エースの投球としては今日の投球は仕方ないでは済みませんね。確かに誰の目にも今日の大瀬頼は調子は悪かったですよ。あれだけ制球力の悪い大瀬頼にはめったにお目にかかれません。それに加えて苦手の横浜相手に打者有利はハマスタでの試合ですから同情の余地もありますが・・・

勝ち越した後の今永への投球

何本ホームラン打たれたとか何点取られたとかはある程度しょうがないと思うんですよ。なにががっかりしたかって高橋のプロ初本塁打で勝ち越した直後の回の先頭の今永への投球ですよ。結果的に追い込んでからのフォーク?系の球をヒットにされましたが、初回は二死から一発を浴びて、二回は大ピンチからなんとか無失点に抑えて、その後勝ち越してもらった投手の投球としてはあまりに雑だったように見えました。

 

結果的にこの今永の出塁は点には繋がっていません。それはわかっていますがあまりにも簡単に打ち取りにいったように写った大瀬頼にがっかりしました。

別にこの投球がこの後の炎上に繋がったとかは思っていません。それは別の話しでしょう。ただね、エースと呼ばれる立場の投手がこれだけ調子が悪い試合ならばあそこは全力で、それこそ厳しい内角球なげてでも抑えようとする姿を見たかったですね。

普段からそんな厳しくいけとは言いません。普通の大瀬頼なら打者今永を抑えるなんて容易です。調子が悪い今日だからこそです。

 

やはりマエケンは偉大ですね。フランスアを見て過去の中崎は偉大だったと感じるように、大瀬頼を見て過去のエースマエケン・ジョンソンの偉大さを知りますね。

まぁクローザーフランスアも、エース大瀬頼も始まったばかりですから、最後に抜いてくれれば良いんです。次は頼むぜ大瀬頼!

 

面白い下位打線

今日の打順は結構好きです。笑

なんか上手く説明できませんがわくわくする打順でした。

サードメヒアはこれからどう転ぶかわかりませんが起爆剤にはなるでしょうし、なにより打撃はやはり素晴らしいですね。打ち勝つ野球の一員として枠の関係はあるけれど頑張ってほしいですね!

 

また明日だ!

 

ではまた。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ