1試合の中でも シーズン通しても逆境に弱すぎないかい

さすがのジョンソンだねぇ

立ち上がりのジョンソンは決して調子は良くなかった。特に右打者に対しての内角に投げ切れず・追い込んでも決めきれずで球数がかさんだが、さすがに経験のある投手だけに徐々に内角の精度も出て結果的に7回零封。見事でした。

今日はカットボールも精度が低く、チェンジアップも粘られる中でカーブだけは良かった。いつでもカウントをカーブで稼げたことが今日の好投に繋がったのではないだろうか。またオリックス打線の拙攻に助けられたのも事実だろう。また石原の2度の盗塁阻止も大きかった!近年のカープではなかなか見ないシーンだっただけにとても印象に残っている。次回も今日のような投球に期待したい。ナイスピッチング!

点が取れない!

点が取れませんねぇ・・立ち上がりから3イニングの田嶋は手も足も出ないような内容だったが、菊池に初安打を許して以降の投球は別人のようにそれまで内角に投げ切れていたストレートが尽く甘く甘く入ったがそれでも捉えられなかった。これはもう打線の調子の問題で対策とかでどうなる問題ではないだろう。

とにかく調子が

上がるのを待つしかない。もちろん高橋を5番で起用したり、昨日までのように小園を1番で起用したりと首脳陣はあの手この手で復調のきっかけを探るだろうが基本的には選手の調子が最も重要だ。

 

だから待つしかないと思います。野間を1番に戻したりとか會澤の打順とかこれからも手を打っていくでしょうがやはり松山・誠也・バティの内誰かひとりでも復調してくれないと厳しいでしょう。なんだかんだ長打力は必要ですよ。できればそろそろ松山に復調してもらいたいところですが、今日の近藤との対戦を見る限りもう少しかかるかなぁ・・・

 盗塁阻止

これまで中崎が9回に登板すると盗塁の心配はほぼ無かった。これは中崎のクイックがとても優秀だった為ほとんど盗塁を企画されることがなかったからです。

しかしフランスアとなるとそうもいかないわけです。しかし今日も1つ走られましたが今日のは刺さないかんよ會澤さん。その前の広輔がアウトになった盗塁よりずっと遅れたスタートで決められました。捕手であれだけ打てる時点で本来文句を言うことはないんですが、それでも今日のは刺さなきゃいけません。結果的に決勝点には繋がりませんでしたが、それでも今日のは刺さなきゃいけませんよ會澤さん。

最後は菊池で そして勝ち越しを許した後のベンチの諦め

0-0の10回は菊池が登板。恭平は疲労?一岡は不調ということでの継投でしょうか。結果的にはこの継投が裏目に。

菊池ヤスもビハインドだと心強いけど同点の先頭の初球にあの球投げるんじゃあ敗戦処理まででしょうね。大汗かいて粘って粘ってが持ち味ですがあまりにも不用意な初球の入りが残念でした。本来なかなかのコマンドを持っていますしもう少しやりようがありそうなもんですが、最後は切れて真ん中真ん中で勝負を決してしまいました。まぁベンチもあれだけ動揺する菊池に間を取ることすらしないまま投げさせたんだから早々に諦めてましたから、結果的に1イニング9失点は菊池と藤井だけの責任じゃありませんよ。ベンチは諦めたんですから。

そりゃ長いシーズンを中継ぎで毎日ベンチに入って投げていればこういう結果になる日もありますよ!しかしね、ちょっと今日のような投げやりな投球で打たれるんならビハインド専門ですよ。

プロで10年やってあの場面であれだけ甘い球続けるのならもう今日のようなところでは投げる能力は無い投手でしょう。欲をかかずにビハインド専門で今後もカープの力になってもらいましょう。

 

 

ではまた。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ