よく粘ったジョンソン よく勝ったカープ

雨のジョンソンの踏ん張り

来日以来雨の日のジョンソンといえば乱調といって良いくらい相性が悪い。今日も立ち上がりは非常に苦しいものになった。雨でぬかるむマウンドに決して捉えられたわけではに当たりのヒット、これに審判の判定にイライラなんて加わっていたら今日は2回までに試合が決まっていたかもしれません。

 

しかし今日はここから精神的にも投球としても良く粘りましたね。ブラッシュには1本打たれましたが、四球で歩かせて併殺もあり良く攻めたと思います。調子としては悪くはなかったと思いますし審判の判定もこちらに味方したような感もありますが、なにはともあれ今日のようなコンディションの試合でジョンソンが粘って試合を作ってくれたことは大きな収穫です!そして勝てたことが全てです。交流戦最下位ですから。なりふり構っていられません。大きな1勝でした。ナイスピッチング!

 

打順変更大当たりで今後の緒方監督の野手の采配は変わるのか

5月からの躍進を支えていた3番バティ・5番西川をついに解体しましたが、その初戦で打順を動かした3人が結果を残したことは今後に向けても心強いですね!

緒方監督は野手に関しては非常に我慢強いというか・・変えることを嫌う傾向にあると思います。しかしそういう中で今日のように変えるという決断をした試合で結果が出ると今後の采配もやりやすくなってくるのでは?と思います。そういう意味でも打順変更の3人が結果を残したことは以上に意義があります。

 

また7回の先頭で四球で出塁した高橋も昇格したばかり。別にファールで粘って粘って四球を取ったわけでは無いんですが、今日のようにデータが無いからなのか相手が勝手に警戒して変化球・変化球で四球をくれることだってあるのでね。

野手は固定のメンバーで戦う傾向にあるカープにとってこういう活躍もまた今後に向けて大きいですね。

 

もう1点

ただ勝ちはしましたが打線はまだまだですね。相手先発の岸投手は確かに良い投手ですが、1死2・3塁などヒットでなくても点を取れる場面でなかなか得点できません。今日はそういうケースで広輔にまわってきましたが、三振と浅い外野フライ。こういうところでなんとかして点を取ることがカープの強さだと思うので、まだまだ本来の姿にはカープ全体、そして広輔個人としてもほど遠いですね。代えられることはほぼ無い立場なので(それが正しいとは思いませんが)早く復調してくれ広輔。

そして連続フルイニングはどこかで本人の決断になると思います。早ければ早いほど良いと思いますが記録の絡みもありますから、夏場まではこのままでしょうね。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ