カープ3-5オリックス 大瀬頼好投 石原タイムリー 新井さん引退セレモニー

カープ3-5オリックス

大瀬頼(6回)ーヘルウェグ(1回)ーレグナルト(1回)ーフランスア(1回)

本塁打 頓宮(オリ) 三塁打 二塁打 小田(オリ)正隨 石原 (カープ)

新井さんの始球式ではじまった今日のオープン戦は守備の乱れもあり、オリックスに敗れました。簡単に今日の試合の感想を綴りたいと思います。

良かった点

  1. 大瀬頼6回2失点の好投
  2. 坂倉久々の安打
  3. 石原タイムリー
  4. レグナルト好投

悪かった点・課題のでた点

  1. 打線全体的に湿り気味
  2. 坂倉の外野守備
  3. 安部の状態が上がってこない
  4. ヘルウェグ、ストライク入ると打たれる説

良かった点について

まずは最もカープファンを喜ばせたのは大瀬頼の好投でしょう!ここまでオープン戦は不安定な投球が続いていた中で、今日本人曰く(本番モード)で結果が出たことは良かったです!

その他打線の数少ないポジ要素として、坂倉に良い当たりの打球が続いた事、石原さん同点二塁打、ルーキー正隨二塁打がありましたね!

投手ではレグナルトが相変わらず良かったです!

課題

打線が全体的に湿っています。まだ開幕まで2週間ありますし、そこまで焦ることはないですがオープン戦からずっと調子の悪い選手は少し心配です。

また守備では大きなミスが2つありました。最終回の小園ー堂林のプレーは一概にどちらかを責められないプレーかなと思います。個人的には堂林に捕ってほしかった!

坂倉の初回の落球を見る限り、今年は守備は相当苦労すると思います。しかし坂倉に求められているのは安定したレフト守備ではなく、卓越したバッティング技術ですからね!

守備には目を瞑って、可能な限り打席数を与えてほしいなと思います。

ヘルウェグ、ストライク入ると打たれる説は間違いだと信じたいです(笑)

最も心配な安部の状態

最後に最も心配なのが先日も書きましたが、安部の状態です。

もともと超積極型の引っ張り傾向の打者で空振り率もリーグ平均を超える打者ですので、波は激しくなるタイプですがちょっと心配です。

昨年まで同級生の丸に左投手対策などかなり聞いていたようですので、その丸がいなくなった今シーズンは真価が問われるシーズンになると思います。なんとか修正して頑張ってほしいですね!

 

新井さんの引退セレモニーについてはまた改めて書かせていただきたいと思います。本当にお疲れ様でした。

 

ではまた。